遠野 猛攻しのいだ!岩手県勢初戦連敗8年でストップ

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   遠野2―0松山北(愛媛) ( 2017年1月2日    フクアリ )

<遠野・松山北>後半、華麗なテクニックで相手を翻弄する遠野・阿部
Photo By スポニチ

 遠野(岩手)は、県勢8年連続初戦敗退の流れを断ち切った

 。前半32分と35分に2トップのFW阿部とFW佐々木琢がそれぞれ得点。後半の松山北の猛攻をしのぎ、勝ち星を挙げた。佐々木琢は「(MF佐々木渓から)いいパスが来て1対1だったので動きを見て流し込んだ」と胸を張った。MF千田主将は次戦の前橋育英戦を見据えて「勝負強いチームだと思うけど、負けない」と力を込めた。

 ▼松山北FW串部太 ハーフタイムにロッカーで「落ち着こう」と声を掛け合った。後半は少し修正できたが、点を取れなかったのが痛かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース