前橋育英 市船討ち!苦手PK戦克服、5人全員成功

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会2回戦   前橋育英(群馬)0―0(PK5―3)市船橋(千葉) ( 2017年1月2日    フクアリ )

<市立船橋・前橋育英>PK戦、5人すべてがゴールを決め歓喜する前橋育英イレブン
Photo By スポニチ

 前橋育英(群馬)が苦手だったPK戦を克服して名門対決を制した。

 互いに体を張った堅い守備で得点を許さない。後半に入っても運動量は落ちることなく無失点でPK戦に突入した。山田監督が「1人目が大事」と指名したのは主将のMF大塚。相手GKの動きを見極め、絶妙な間合いから放たれた一撃をゴールど真ん中に突き刺した。「普段PKはヘタクソなんですけど、やっぱり気持ちですね」。続く市船橋1人目のシュートは左ポストにはじかれて失敗。前橋育英は5人全員が決めて、優勝候補の筆頭を下した。

 過去3大会はPK戦で敗退しているだけに指揮官は80分を終えた段階で不安も大きかった。勝ち進んだとはいえ「徹底して練習してきたけど難しいね。駄目だな」と苦笑い。しかし、「自分を信じて蹴れ」とのアドバイスを送った選手たちの思い切りの良さが3回戦進出につながった。

 ▼市船橋DF原 研究されて対策を取られることは分かっていたけど、それを試合中に修正できずズルズルいってしまったのが敗因。いいサッカーをして負けるくらいなら、内容が悪くても勝つ方を選びたかった。それが全て。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース