正智深谷 初16強!10人で残り1分2発逆転

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   正智深谷(埼玉)2―1関東第一(東京B) ( 2017年1月2日    浦和駒場 )

<高校サッカー2回戦 関東第一・正智深谷>後半ロスタイム、PKでゴールを決め喜ぶ正智深谷・小山(右)
Photo By スポニチ

 2回戦16試合が行われ、正智深谷(埼玉)が関東第一(東京B)に2―1で大逆転勝利を収めた。1人少ない10人で、0―1の後半39分から2ゴールを挙げてひっくり返した。MF小山開喜主将(3年)が31日の初戦・立正大淞南(島根)戦に続くPKでの勝ち越しゴールをマーク。同校を初のベスト16入りへ導いた。8強入りを懸け、3日の3回戦は創造学園(長野)と戦う。

 ドラマは終了1分前から始まった。正智深谷は、0―1と1点ビハインドの上に、1人少ない10人。誰もが相手の勝利を確信した。ところが、予想しない結末が待っていた。ロスタイムにPKで決勝ゴールを奪った小山は「最初のハンドでマイナス5点。点を決めたので、プラス10点!」と笑いが止まらない。小島監督も「最後にドラマがまさかあると思わなかった。あのときは震えた」と目をしばたたかせた。

 序盤から劣勢となった。前半10分に小山のハンドで与えたPKを決められて失点。同26分にはMF谷口が一発退場で10人になった。ハーフタイム、号泣する2年生の谷口に小山は言った。「絶対逆転するから、待ってろ!」。CKからDF金子の右足弾でまずは同点。そして“その時”はロスタイムにやってきた。31日の初戦とは逆の右サイドにPKを仕留め、大逆転を演出した。

 1年前の1月2日、主将に立候補したのが浦和駒場スタジアムだった。個性が強く、1年時からミニゲームを機にけんかが勃発することもあるほど仲が悪かった同級生。細かい指示で縛りつけず、おおらかに束ねることを意識してきた。大会前、チームメートたちから言われた。「なんだかんだ、おまえで良かった。じゃないと、まとまっていなかった」と。

 1年前は前半10分に失点して明徳義塾(高知)に0―1で敗れた。この日も前半10分に失点。今季は練習試合でさえ一度も逆転勝ちをしてこなかったチームに、指揮官でさえハーフタイムには「同点に追いついてPK勝ち」のプランを伝えていた。だが、その予想をイレブンは覆してみせた。大会前には願掛けで粘りけのある納豆を食べるという主将は「まだまだ上に行きたい」と宣言。同校初のベスト16入りは序章にすぎない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース