青森山田5発大勝 「10」継承MF高橋が口火弾

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   青森山田(青森)5―0鵬翔(宮崎) ( 2017年1月2日    NACK )

<鵬翔・青森山田>前半、青森山田・高橋(右)はゴールを決めてガッツポーズ
Photo By スポニチ

 エースナンバーの10番を受け継ぐJ2千葉内定のMF高橋(3年)が、青森山田の大勝発進への口火を切った。前半7分、こぼれ球に中央で反応し、右ダイレクトで左隅に沈めた。5得点の呼び水となる先制弾を挙げ、後半31分にお役御免。鹿島のMF柴崎や、湘南MF神谷らがつけた番号に恥じないプレーを見せた高橋は「先制点が大事。それを早い段階でできて良かった」と事もなげに語った。

 昨年12月の高円宮杯U―18チャンピオンシップで頂点に立ち、先輩の柴崎もクラブW杯準優勝、天皇杯優勝と、その名を世界中にとどろかせた。「お互いに青森山田の名をサッカー界に出せている。その流れにうまく乗りたい」と黒田監督。目標は先輩も成し遂げられなかった選手権初頂点。高橋は「何対何でもいい。勝つことが大事」と次戦を見据えていた。

 ▼鵬翔・上永監督 前半を0―0で終えたいプランだった。もう少し我慢強く戦いたかった。(今年度から監督となり)勉強させてもらった。日本一のチームから学んだので出直したい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース