プロサッカー選手会とプロ野球選手会で復興支援プロジェクトで一役 巻「継続していく」

[ 2016年12月28日 05:30 ]

熊本自身復興支援イベントで子どもたちと触れ合うJ2熊本の巻(左)
Photo By スポニチ

 日本プロサッカー選手会と日本プロ野球選手会は27日、4月の熊本地震で最大震度7を計測した益城町と西原村で合同のサッカー教室、野球教室を行った。

 「熊本地震復興支援プロジェクト」と題し、J2熊本のFW巻ら12選手と中日の荒木ら8選手が参加。ともに約2時間、ミニゲームやサイン会などで触れ合った。プロ野球選手会と初のタッグを終えた巻は「(熊本地震が)風化されている部分を感じていた。継続していきたい」と誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年12月28日のニュース