岡崎5試合ぶり先発も負傷、前半で交代…「ずっと痛かった」

[ 2016年12月28日 05:30 ]

プレミアリーグ第18節   レスター0―2エバートン  ( 2016年12月26日 )

 レスターFW岡崎は5試合ぶりに先発したが、前半だけで交代した。FWバーディーの出場停止を受けてのチャンスだったが、開始早々の接触プレ−で左足首を負傷。日本代表の10月のイラク戦で痛めたのと同じ箇所で「ずっと痛かった。細かい動きとか、仕掛ける動きはなかなかできなかった」と顔をしかめた。

 昨季王者は11月以降のリーグ戦で1勝2分け5敗。降格圏転落が目前に迫り、ラニエリ監督は「昨季は最初6カ月、何もかもうまくいったが今季は何もかもうまくいかない」と嘆いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年12月28日のニュース