J2岡山 湘南からMF大竹洋平が完全移籍「J1昇格のために」

[ 2016年12月28日 15:44 ]

 J2岡山は28日、来季J2へ降格する湘南からMF大竹洋平(27)が完全移籍で加入すると発表した。

 埼玉県出身の大竹は、FC東京U―18から2008年にトップチームへ昇格。その後、C大阪でもプレーし、13年途中から湘南に在籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が92試合9得点、J2が24試合1得点。今季はJ1リーグ戦で8試合1得点だった。

 大竹は岡山を通じ、「今シーズン惜しくも果たせなかったJ1昇格のために、自分の持っているもの全て出し尽くし、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」とコメント。

 湘南を通じては、「今シーズンはなかなか試合に絡むことができず、チームもJ2に降格してしまいとても悔しい1年になってしまいました。ただ、自分自身としても2度目の大怪我を乗り越えてJ1に昇格できたことや、昨シーズンJ1で8位になれたことなど、湘南での3年半で様々な経験ができとても貴重な時間でした。この経験を次のチームで活かしてピッチで結果を出し、もっともっと上を目指して頑張りたいと思います。3年半の間、どんなときも熱いご声援をくださり本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年12月28日のニュース