J2東京V 二川のレンタル延長、内田のレンタル加入を発表 南は山形へ

[ 2016年12月28日 17:15 ]

 J2東京Vは28日、J1のG大阪から6月に期限付き移籍で加入した元日本代表MF二川孝広(36)が期限付き移籍期間を2018年1月31日まで延長し、来季も東京Vでプレーすると発表した。二川は移籍期間中、G大阪と対戦するすべての公式戦に出場できない。

 今季J2リーグ戦20試合に出場し、1得点した二川は東京Vを通じ、「東京ヴェルディから引き続きプレーする場を与えていただき、感謝しています。シーズンの最初からチームに貢献できるように、良い準備をしたいと思います」とコメントしている。

 また、同じくG大阪からMF内田達也(24)が2018年1月31日までの期限付き移籍で加入することも発表。内田はクラブを通じ、「ヴェルディの勝利のため全力でプレーするので応援よろしくお願いします!」と談話を発表した。

 さらに東京Vは、J2町田へ期限付き移籍していたDF畠中槙之輔(21)の復帰と、今年7月からJ3盛岡へ育成型期限付き移籍していたFW郡大夢(19)が来季はJ3のG大阪U−23へ期限付き移籍すること、MF南秀仁(23)がJ2山形へ完全移籍することも併せて発表している。

 南はクラブを通じ、「ユースから8年間、ヴェルディでお世話になり、本当にクラブには感謝しかありません。また、良い時も悪い時も支えてくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました。プロサッカー選手として育ててもらったヴェルディを離れるのは本当に寂しいですが、ずっとヴェルディのことを想っています」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年12月28日のニュース