J2山形 J2京都からDF菅沼、J2東京VからMF南を獲得

[ 2016年12月28日 18:58 ]

 J2山形は28日、J2京都からDF菅沼駿哉(26)、J2東京VからMF南秀仁(23)がそれぞれ完全移籍で加入すると発表した。

 大阪府出身の菅沼はG大阪ユースから2009年にトップチームへ昇格。その後、J2熊本、J1磐田を経て15年から京都でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が37試合2得点、J2が107試合2得点。菅沼はクラブを通じ、「木山監督とお話しさせて頂き、自分のことを評価してもらい、必要としてくれるチームがあるのだと嬉しく思い、決断させて頂きました。初めての東北への移籍で、少々不安がありましたが今は、J1昇格することしか頭にありません。覚悟を持って、2017年シーズンへ挑みます」とコメントしている。

 神奈川県出身の南は、東京Vユースに所属していた2010年に高校2年でJデビューし、デビュー戦で即ゴール。12年に正式にトップチームへ昇格し、13年途中には当時JFLだった町田へ期限付き移籍。14年から東京Vへ復帰し、昨季はJ2リーグ戦で自身最多の10得点をマークしたが、今季は17試合無得点に終わっていた。J2リーグ通算成績は89試合13得点。南はクラブを通じ、「J1昇格のために1日1日を大切にして、頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年12月28日のニュース