神戸 U―18チームからDF山口が昇格

[ 2014年12月10日 18:11 ]

 J1神戸は10日、下部組織の神戸U―18チームからDF山口真司(18)が来季トップチームに昇格することが決まったと発表した。

 兵庫県神戸市出身の山口は身長1メートル70、体重57キロ。U―17、18、19と各年代の日本代表歴があり、クラブはそのプレーの特徴を「積極的な攻撃参加を得意とする、スピードと運動量を兼ね備えたサイドバック」と紹介している。

 山口はクラブを通じ、「このたび、ヴィッセル神戸U―18から昇格することになりました、山口真司です。プロのサッカー選手になるという幼いころからの夢を、生まれ育った神戸で叶えることができ、とても嬉しく思っています。でも、この現状に満足せず、日々努力し、今まで自分を支えてくださった家族やスタッフなど、様々な人への感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とコメント。

 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース