大儀見、独ボルフスブルク復帰の可能性 ドイツ地元紙が報道

[ 2014年12月10日 01:39 ]

 サッカー女子のイングランド・スーパーリーグ、チェルシー所属で日本代表FW大儀見優季(27)がドイツ1部の強豪ボルフスブルクに移籍する可能性があることが分かった。地元紙ボルフスブルガー・アルゲマイネ(電子版)が8日付で報じた。

 大儀見は2010年に加入したポツダムで3度のドイツ1部制覇に貢献し、欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝も経験した。12~13年シーズンにはドイツ1部得点王に輝き、13年夏にチェルシーへ移籍した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース