新潟レオ 念願のベストイレブン初選出に「心から感謝」

[ 2014年12月10日 05:30 ]

ベストイレブンに輝いた新潟のレオ・シルバ(右)

2014Jリーグアウォーズ

(12月9日)
 2014Jリーグアウォーズが9日、横浜アリーナで行われ、ベストイレブンにアルビレックス新潟のMFレオ・シルバ(28)が初選出された。新潟からは、10年のマルシオ・リシャルデス(33=浦和)、13年のFW川又堅碁(25=名古屋)に続いて2年連続3人目の受賞となった。

 レオは8日に発表された優秀選手賞(32人)に2年連続で選出されていた。32人の中から選ばれるベストイレブンで、レオはMFの3人目に名前を呼ばれた。渡辺基治通訳を介し「初めて頂いて心から感謝している。新潟に来るにあたって、関わってくれた皆さんに心から感謝します。新潟の皆さんが快く受け入れてくれたことが、今年の活躍になっています」と感謝した。昨季はベストイレブンを逃しただけに、念願の受賞となった。

 今季、累積警告で出場停止となった第22節のアウェーG大阪戦を除く33試合に出場。持ち味のボール奪取力に加え、チーム最多の6ゴールをマーク。そのうち4点はFKで、正確さと勝負強さも光った。チームは今季、12位だっただけに、ベストイレブンという勲章はより一層、輝いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース