麻也 10戦ぶり先発も悔しい3連敗…チームは5位に転落

[ 2014年12月10日 05:30 ]

マンチェスターU戦の後半、ファンペルシー(左)と競り合うサウサンプトンの吉田

プレミアリーグ サウサンプトン1―2マンチェスターU

(12月8日)
 サウサンプトンの日本代表DF吉田は9月20日、スウォンジー戦以来10試合ぶりの先発出場を果たしたが、チームは3連敗で5位に転落した。

 前半にセンターバックでコンビを組むDFフォンテのバックパスから先制点を許すと、1―1の後半にはFKから失点し「自分たちのミスとセットプレーで負けたのは凄く残念」と悔しさをにじませた。9月の左足首のケガ以降出場機会に恵まれなくなったが、ベルギー代表アルデルウェイレルトの負傷で8月以来のフル出場となり「コンディション的に全く問題なかった。このまま出続けるようにしたい」と完全復活を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース