最終戦で退場の神戸DF高橋、1試合出場停止処分も対象試合なし

[ 2014年12月10日 18:20 ]

 Jリーグは10日、6日に行われたJ1第34節・神戸―川崎F戦(ノエスタ)で主審より退場を命じられた神戸DF高橋峻希(24)に対し、1試合の出場停止処分を科したと発表した。

 ただし、同大会の同チームの出場する試合が終了したこと、出場停止処分の対象となる同レベルの大会がないこと、また停止処分となる対象試合が1試合で翌シーズンへ繰り越さないことから、同選手の出場を停止する試合はなしとする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース