1位通過喜ぶドルトムント・クロップ監督「最大の目標だった」

[ 2014年12月10日 10:54 ]

アンデルレヒト戦の後半、シュートを放つドルトムントの香川
Photo By スポニチ

欧州チャンピオンズリーグ1次リーグD組最終節 ドルトムント1―1アンデルレヒト

(12月9日)
 ドルトムントは複数の主力を休ませながら、勝ち点1を上乗せしてD組1位をつかんだ。クロップ監督は「最大の目標だった1位通過を決められた」と喜んだ。

 負傷明けのシャヒンがフル出場、ブワシュチコフスキも試合終盤に香川と交代でプレーした。奪ったのは1点だったが好機の数は多く、同監督は「部分的にだが、非常に気に入る内容だった」と評価した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月10日のニュース