【出場国チェック・A組】1強3弱?世界最高MFモドリッチで番狂わせを

[ 2014年6月1日 09:50 ]

世界最高のMFと評されるクロアチアのモドリッチ(AP)

 「1強3弱」といわれるW杯1次リーグA組で、1強の地元ブラジルと開幕戦を戦うクロアチア。その開幕戦で欧州予選4得点のFWマンジュキッチを出場停止で欠くのは痛いが、2大会ぶりの舞台では初出場で3位に入った98年大会の再現を狙う。

 それを可能にするのが世界最高MFの呼び声高いモドリッチの存在だ。両足を自由自在に使える器用さや滑らかなドリブルに加え、豊富な運動量も魅力。Rマドリードの優勝に貢献した欧州CL決勝では延長の120分間で走行距離が15キロに達した。欧州予選プレーオフから就任したコバッチ監督が志向するのは、個々の才能を生かした縦に速いサッカー。モドリッチの他にもラキティッチ、コバチッチと中盤の人材には恵まれており、彼らが能力を最大限に発揮できればブラジルに一泡吹かせることも可能だ。

 「長いシーズンだけど純粋な楽しみが疲れを和らげてくれる」とモドリッチは言う。欧州CL優勝時の公約通り、トレードマークの長髪をバッサリ切って臨む大舞台。わずかな選手だけに可能性がある欧州CLとW杯の2冠を、虎視眈々(たんたん)と狙っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月1日のニュース