フォルラン 2トップで不発も 仮想イングランドに収穫

[ 2014年6月1日 05:30 ]

親善試合 ウルグアイ1―0北アイルランド

(5月30日)
 ウルグアイ代表は、左膝半月板の手術を受けたFWスアレス不在でカバーニとフォルランが2トップを組んだが、相手GKの好セーブにも阻まれて前半は無得点。

 フォルランと交代で途中出場したストゥアニが後半16分にゴールを決め、1―0で辛勝した。それでもフォルランは「北アイルランドはイングランドと同じスタイルなので良い準備になった」と、1次リーグD組をにらんだ“仮想イングランド”戦の収穫を強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月1日のニュース