ボランチ青山 自分は4番手…「甘いもんじゃないと分かっている」

[ 2014年6月1日 07:20 ]

青空の下、ランニングする(左から)内田、森重、本田、長友ら日本代表イレブン

 W杯ブラジル大会に臨む日本代表は5月31日、気温30度を超える暑さの中で米合宿2日目の練習を行った。

 練習前の午前中には、数選手が報道陣の取材に対応。ダブルボランチの一角として調整を重ねているMF青山は、自らが置かれている立場を「(ボランチで)4番手」と話した上で「(出場が)甘いもんじゃないことは分かっている。やれることをやるだけだと思う」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月1日のニュース