悪夢の結末…京都、後半ロスタイムまさかのOG

[ 2013年5月7日 06:00 ]

J1第13節 京都0―1松本

(5月6日 西京極)
 J2京都は攻撃に迫力を欠き、ホームで松本に痛恨の黒星を喫した。

 5得点の原、エース宮吉を欠いた前線は、手堅い相手のディフェンスをまるで崩せない。そしてスコアレスドロー寸前の後半ロスタイムにオウンゴールで決勝点を奪われる悪夢の結末。「最後の10分が耐えきれなかった」と大木監督も天を仰いだ。今季ホーム西京極では、2勝2分け3敗と黒星が先行。この戦いぶりでは、優勝やJ1昇格などおぼつかない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース