阪神ダービー完敗 G大阪、J2初黒星で3位後退

[ 2013年5月7日 06:00 ]

<神戸・G大阪>前半、ポポ(右)と競り合う今野

J1第13節 G大阪0―2神戸

(5月6日 ノエスタ)
 G大阪が勝てば首位浮上となる神戸との阪神ダービーに完敗。12試合目のJ2で初黒星を喫し、3位に後退した。零敗はこのカード初の屈辱だ。

 慎重に立ち上がり、前半途中からペースをつかむと43分にはレアンドロのヘディングシュートがポストを直撃。大黒柱の遠藤もミドルシュートを放つなど積極的に仕掛けた。だが、後半早々に不用意なミスから失点すると、今野が「焦りも出た」と振り返ったようにチーム全体がミスを連発。シュート0本に終わった倉田は「こっちが自滅した形」と悔しさをあわらにした。

 遠藤は「次は勝ち点3を取りたい」とリベンジを誓って前を向いたが、首位・神戸との勝ち点差は6に拡大。開幕前に掲げた「ぶっちぎりでの優勝」という目標が、遠くにかすむ完敗だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース