長友、9日に練習試合 復帰可能か手術か判断へ

[ 2013年5月7日 21:04 ]

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)インテル・ミラノのストラマッチョーニ監督は7日、手術を受けずに左膝半月板損傷からの回復を目指すDF長友佑都を9日の練習試合に起用し、12日のジェノア戦で復帰可能か手術が必要か判断する意向を明らかにした。「うまくいけば日曜日の試合に出るだろうし、問題が残るようなら手術は回避できないだろう」と説明した。

 長友は8日のラツィオ戦のメンバーからは外れた。同監督は「手術をしないという判断をサポートするために、慎重に観察している。今のところ佑都はうまくやっているが、練習でははかれない危険なども見るため、練習試合を用意した」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース