横浜の栗原「極めて悪質な行為」で1試合出場停止

[ 2013年5月7日 18:58 ]

後半、鹿島・小笠原へのプレーでエキサイトする横浜FM・DF栗原勇蔵(左から4人目=背番号4)と鹿島・FWダヴィ(右)

 Jリーグは7日、J1横浜のDF栗原に対し、3日の鹿島戦で「試合中に審判員が確認できなかった極めて悪質な行為」があったとして、1試合の出場停止処分を科したと発表。11日の第11節、名古屋戦が対象となる。

 この試合で栗原にカードは提示されなかったが、鹿島の選手に対して悪質な行為に及んだとの報告があり、Jリーグ規律委員会が同行為について映像を用いて確認・検証した結果、ボールと関係のないところで相手選手を背後から押し、それに対して振り返った選手に対して腕で打つ行為を行っていたことを確認。「乱暴な行為」に相当すると判定したもの。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース