鳥栖FW豊田が8点目 J通算100得点にあと3

[ 2013年5月7日 06:00 ]

<大分・鳥栖>後半、2点目のゴールを決め、駆けだす豊田(左)

J1第10節 鳥栖4―2大分

(5月6日 大銀ド)
 鳥栖は1―1で迎えた後半3分、水沼のクロスをゴール前でキム・ミヌがヘディング。相手GKがクリアしたが、そのこぼれ球を右サイドに詰めていた豊田がヘッドで押し込んだ。

 今季Jトップの8点目。J通算100得点にあと3と迫った豊田は「しっかりゴールできてよかった」と頬を緩ませた。石川・星稜高からプロ入り10年目。5日には星稜の大先輩・松井秀喜氏が国民栄誉賞を受賞した。「直接面識はないが偉大な先輩だし、少しでも追いつけるように頑張りたい」。7試合ぶりの勝ち点3をもたらしたエースは得点王を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース