横浜FC カズ神話止まった…2戦連続先発も敗戦

[ 2013年5月7日 06:00 ]

<横浜FC・福岡>スタンドにカズもビックリの横断幕が

J1第13節 横浜FC0―1福岡

(5月6日 ニッパ球)
J2第13節の11試合が行われ、横浜FCのFW三浦知良(47)は福岡戦で2試合連続の先発出場となったが得点を挙げられず、0―1で敗れた。神戸はG大阪に2―0で快勝して首位を守り、G大阪は今季初黒星。長崎は水戸と引き分け、10試合連続負けなしで2位に浮上した。

 2戦連続で先発したカズは前半、向かい風に苦戦した。同34分には松下のFKにダイビングヘッドで合わせたが不発。3日の東京V戦まで出場した試合は今季3戦3勝だったが、0―1で敗れて全勝神話は崩れた。「同点、逆転のチャンスはたくさんあった。もっと力をつけないとね。コンディションは問題ない。愛媛戦(12日)に勝てるように準備するよ」。中2日ながら体の切れはキープしており、悔しさの中にも手応えをつかんだ。

 驚かされたのは福岡サポーターが掲げた「KING KAZUに国民栄誉賞を」の横断幕。カズも「感謝したい。自分の中ではあり得ないと思ってます」と目を丸くした。この日はフットサル日本代表のロドリゴ監督もプライベートで視察し、試合後に顔を合わせた。「12日から練習があるんだって。行っちゃおうかな」と笑わせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年5月7日のニュース