×

【香港ヴァーズ】グローリーヴェイズ19年以来2度目のV 重賞は昨年の京都大賞典以来の4勝目

[ 2021年12月12日 15:31 ]

グローリーヴェイズ
Photo By スポニチ

 12日に香港のシャティン競馬場で行われた「第28回香港ヴァーズ」はモレイラ騎乗のグローリーヴェイズ(牡6=尾関、父ディープインパクト)が19年以来、このレース2度目のVを決めた。

 道中は後方2番手を追走。直線で外へ持ち出すと、モレイラのステッキが飛ぶ。先に抜け出したパイルドライヴァーをとらえ、1馬身差を付けてゴールした。重賞は昨年の京都大賞典以来の4勝目となった。

 もう一頭日本から出走したステイフーリッシュ(牡6=矢作)は5着に終わった。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月12日のニュース