×

【香港ヴァーズ】海外ライバル馬のひと言

[ 2021年12月12日 05:30 ]

 (1)パイルドライヴァー(デブリン共同オーナー)2走前に勝って、その後は数カ月、休んでいたけど前走はとても上手に走ってくれた。ジョッキーによるとレースぶりが良くなっている、とのこと。これだけ遠くに遠征したことがないから、そこがどうかだけど希望を持って臨む。

 (5)モーグル(ムーア)今年はドバイで始動して2戦目のガネー賞でいい競馬をしたけど、ここ2走はソフトな馬場が良くなかったようだ。去年このレースを勝ったように欧州と比べて軽い芝のシャティンは合っている。トレーナーは状態に満足しているはずだし、力を引き出したい。

 (6)リライアブルチーム(リョン)前走後も元気で具合はいい。距離は3000メートルあっても対応できるタイプだと思うし、2400メートルに延びるのは問題ない。道中リラックスすれば、いい走りをしてくれる。

 (8)エベイラ(ドゥロワイエデュプレ師)前走はこの馬らしさがなく、ひと息入れた。10月上旬のオペラ賞を考えていたけど、まだ本調子ではなかったのでスライド。元気でフレッシュな状態に戻ったし、本来の走りができれば。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年12月12日のニュース