×

【香港スプリント】(3)ダノンスマッシュ 父の背中を追う、陣営「落ち着きがあって前向きさもある」

[ 2021年12月12日 05:30 ]

ダノンスマッシュ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 昨年このレースを制したダノンスマッシュは4月のチェアマンズスプリントプライズが1番人気6着。高松宮記念勝ちから中3週とタイトなローテがこたえたのか本来の走りができなかった。その点、スプリンターズSから中9週は昨年と同じローテ。藤巻助手は「4回目の香港遠征で馬が慣れているし、輸送をクリア。追い切りはオーバーワークにならないようにしました。落ち着きがあって、それでいて前向きさがあるし、元気ですよ」と力を込める。ここがラストラン。8年前この地で有終Vを飾った父ロードカナロアの背を追い、生涯最後のゲートインを迎える。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月12日のニュース