×

【阪神JF】(4)トーホウラビアン 出来の良さ強調、陣営「すんなりならG1でも粘れるかも」

[ 2021年12月12日 05:30 ]

 トーホウラビアンは土曜朝、CWコースで調整を行った。福田厩務員は「カイ食いが良く、毛ヅヤもいい」と出来の良さを強調する。主導権を握った前走・白菊賞は最低人気で3着。「初のマイルで収穫のある内容でした。すんなりならG1でも粘れるかも」と期待を膨らませた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年12月12日のニュース