×

【阪神新馬戦】ロードラプソディ 最内枠味方に好位差しV!岩田望「長く脚を使えるタイプ」

[ 2021年12月12日 05:30 ]

直線で抜け出し、新馬戦を快勝するロードラプソディ(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神6R新馬戦(芝2000メートル)は最内枠を味方にしたロードラプソディ(牡=松下、父モーリス)が好位差しで1番人気に応えた。

 優等生の内容に岩田望は「ハナに行った馬(カイオル)の手応えが4コーナーで怪しくなったので外に進路を求めると一歩ずつ加速してくれました。折り合いがついて長く脚を使えるタイプ」と賛辞の言葉を並べた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年12月12日のニュース