×

【阪神JF】パドックのツボ

[ 2021年12月12日 05:30 ]

 ナミュールは関東初遠征となった前走・赤松賞でも体は減らさずキープ。時折しっぽを振って活気に満ちている。バネに富んだ周回は目を引く。ステルナティーアの前走は、静かに歩いていた新潟新馬戦と比べると、小走りになる場面もあって気合が乗っていた。初の関西遠征で当日のテンションは鍵に。ウォーターナビレラの前走は二人引きだったが、驚くほどおとなしい。ボリューム感のある馬体。気合不足に映っても全く問題ない。サークルオブライフの前走は好天だったこともあるが、抜群の体の張りだった。ゆったり歩き、パドックは良く見せる。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年12月12日のニュース