×

【阪神新馬戦】ピジョンブラッド 外から衝撃的ゴボウ抜きV!川島「伸びていく脚が速かった」

[ 2021年12月12日 05:30 ]

大外から一気に差し切るピジョンブラッド(手前)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神7R新馬戦(ダート1400メートル)は衝撃的なゴボウ抜きだった。8番人気ピジョンブラッド(牝=荒川、父パイロ)は大きく離れた最後方を追走。直線に入ってようやく馬群に取り付くと、外から一気に差し切った。

 川島は「スタートがひと息でキックバックにもひるんでいた。道中はステッキを入れながらだったけど、馬群に取り付いてから伸びていく脚が速かったです」と勝利をかみしめた。次走は未定。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年12月12日のニュース