【香港C】アーモンド 元気に帰厩後初馬場入り「充実している」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 香港C(12月8日、シャティン、芝2000メートル)に出走予定のアーモンドアイ(牝4=国枝)が22日、美浦トレセンに帰厩後初めて馬場入りした。コース入り口で元気に尻っ跳ねした後、ダートコースをキャンターで1周。国枝師は「いつものことだし元気いっぱいな証だよ」と笑顔で見守った。その隣では、フランス国営放送の密着取材を受けていたルメールも「元気で充実している」と満足げ。27日にルメールが騎乗して追い切り、30日に成田空港から出国する。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年11月23日のニュース