【ジャパンC】(10)ダンビュライト 放牧挟み稽古しっかり

[ 2019年11月23日 05:30 ]

ジャパンCに出走するダンビュライト
Photo By 提供写真

 ダンビュライトは22日、栗東坂路を1本駆け上がった。同馬を管理する音無秀孝調教師は「前走のプラス体重(12キロ増)は休み明けの分。この中間は放牧を挟んだけど、稽古はしっかりやれている」と仕上がりには太鼓判を押した。その上で「無理をしてハナを切らなくてもいい。馬なりで行けたら」とレース戦略を膨らませていた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月23日のニュース