【ジャパンC】(11)シュヴァルグラン 帰国初戦も軽快 鞍上スミヨン状態太鼓判

[ 2019年11月23日 05:30 ]

<ジャパンC>帰国初戦も重苦しさがないシュヴァルグラン
Photo By 提供写真

 金曜朝、CWコースで軽快な走りを見せたシュヴァルグラン。ここが帰国初戦でも動きに重苦しさは全くない。2年前のジャパンCでは当時現役最強だったキタサンブラックも下して頂点の座に。得意の大一番へ態勢は整った。大江助手は「調教ごとに状態が良くなっている。中間はしっかり乗っても疲れを見せることなく、頑張ってやってこられた」と前向きだ。

 今年は3月からドバイシーマクラシック(2着)→キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(6着)→インターナショナルS(8着)と海外を転戦。エネイブル、ジャパン、クリスタルオーシャンなど世界の一線級にもまれて経験を積んだ。同助手は「海外に行ってから少し落ち着きが出た。環境の変化が大きかったのか、中間は調整がしやすかった」と遠征効果を強調した。

 超豪華な騎手たちが集ったが、7年ぶりに来日した鞍上・スミヨンも世界のトップジョッキー。仏リーディング10回の名手は先日のスワンSをダイアトニック、エリザベス女王杯をラッキーライラックで勝利し、いきなりその腕っ節を見せつけた。シュヴァルグランの調教には2週続けて騎乗。「(最終追いは)自信がありそうに走っていた。ズブかった1週前より状態は良くなっている。ストライドが伸びているし、最後の脚も十分に使えると思う」と話し、ジャパンCで3年連続好走中(3→1→4着)の相棒への信頼を示した。外国馬の参戦はゼロでも、海外で経験を積んだ人馬のコンビが怖い。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月23日のニュース