【東京新馬戦】アスターコルネット快勝 古川絶賛「伸びしろある」

[ 2019年11月23日 13:41 ]

東京6R新馬戦を制したアスターコルネット(右)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 東京6R・2歳新馬戦(ダート1600メートル)は1番人気のアスターコルネット(牡=南井、父マジェスティックウォリア)が2番手から抜け出して快勝した。

 手綱を取った古川は「ぽんと出て2番手で折り合う優等生の競馬だった。デビュー戦から脚をしっかり使えたし、伸びしろもある」と絶賛。南井師は「ダート血統だし、今度も砂路線で行くことになりそうだ」と語っていた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月23日のニュース