【ジャパンC】(3)ウインテンダネス “吉兆枠”に期待「思い出してくれないかな」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 ウインテンダネスは坂路を4F67秒5で駆け上がった。小川助手は「中2週だし、追い切りは坂路でサラッと。去年、目黒記念を勝ったときもこんな感じの調整だったんですよ」と振り返る。くしくも、その目黒記念と同じ2枠3番。「思い出してくれないかな」と“吉兆枠”での奮起を促していた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月23日のニュース