【ジャパンC】(8)レイデオロ 力強い走り「見るからに体調がいい」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 昨年の天皇賞・秋以来、1年1カ月ぶりの勝利を狙うレイデオロは、ハロー明けの坂路を4F57秒2~1F13秒5で力感たっぷりに駆け抜けた。走りをチェックした藤沢和師は「今年のドバイと宝塚記念が良くなかったので心配したが、オールカマーを使った後から見るからに体調がいい。今回はチークも何も着けなくていいでしょう」と満面の笑み。初心に帰ってダービー馬が復権を期す。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年11月23日のニュース