【ジャパンC】(2)ワグネリアン メンタルが成長「うまくリセットできた」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 ワグネリアンは坂路を4F60秒6~1F14秒9で気持ちよさそうに登坂。大江助手は「リズム良く、気分を損ねることなく走っていた」と笑顔を見せた。課題はテンションの高さだが同助手は「気持ちは前走後にうまくリセットできた。パドックでの見た目は変わってないように見えるかもしれないが、競馬に行ってからや、引き運動の時は(テンションが)良くなっている」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月23日のニュース