【ジャパンC】サンデーR独壇場!ダンビュライト 京都大賞典から“王道”のローテ

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 ダンビュライトを出走させる馬主の(有)サンデーレーシングは、ジャパンC最多の4勝を挙げている。10~13年にかけては前人未到の4連覇を決めており、10年には1、2着、12年には1~3着を独占。令和最初のジャパンCで最多を更新する5勝目となるか注目される。また、ダンビュライトは京都大賞典からの臨戦となるが、過去3年で京都大賞典組は優勝2回、2着1回と近年の“王道”ローテーションとなっている。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月23日のニュース