【ジャパンC】(15)ジナンボー 硬さもなく順調「いい状態」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

 3冠牝馬アパパネの“次男”であるジナンボーは、気持ちよさそうに朝一番の坂路を登坂(4F65秒3)。森助手が「今週は強めにやりましたが、歩様に硬さも見られずいい状態だと思う」と順調ぶりを伝えた。G1初挑戦だが、連対率は71・4%という安定株。名手ムーアを鞍上に迎えて波乱の使者となるか。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月23日のニュース