【デイリー杯2歳S】傾向と対策

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆前走 勝ち馬10頭全てが前走1着。内訳は新馬からの連勝が4頭、未勝利上がりが3頭、オープン組が3頭。前走マイル組が5勝。距離延長組が4勝で、短縮組は1勝のみと振るわず。

 ☆初陣内容 勝ち馬10頭中7頭が新馬戦V。うち6頭が2着馬に0秒2差以上つけての完勝だった。デビュー戦の勝ちっぷりが良かった馬が好成績。

 ☆距離経験 1200メートル以下しか走っていなかった馬は【1・1・1・13】と苦戦。馬券に絡んだ馬の9割が7F以上での勝利経験があった。

 結論 ◎ライティア ○サクセッション ▲インザムード

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース