【エリザベス女王杯】(7)レイホーロマンス、ラッキー7笑顔

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 レイホーロマンスは7番枠から。村井助手は「枠は気にしていなかったがラッキー7でいいんじゃないですか」と喜んだ。8日は坂路(4F64秒5)でサッと。「岩崎騎手もG1は初めて。内で脚をためる“隠密作戦”で、どこまで上位に食い込めるかですね」とリラックスムードだった。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース