芝とダートの二刀流G1馬サンダースノー、日本で種牡馬に

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 ダーレー・ジャパンはサンダースノー(牡5、父ヘルメット)を来春から種牡馬として日本で供用すると発表した。2歳時に仏G1クリテリウムアンテルナシオナルを制し、3歳時のUAEダービーでは日本のエピカリスを下した芝ダートの二刀流。その後もドバイワールドCを2連覇するなど、ワールドワイドに活躍した。種付料は後日発表。ハリー・スウィーニィ代表は「2歳から5歳まで毎年G1を制し、さらに芝ダートを問わず安定した成績を収めました。日本競馬に必要とされる重要な要素を多く兼ね備えた馬です」と話した。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース