【馬券道コバヤシ 特別編】9日福島11R 厩舎好相性の舞台リワードアンヴァル止まらない

[ 2019年11月9日 08:00 ]

 95年の有馬記念を制するなどGI4勝を挙げたマヤノトップガン(牡27)が老衰のため3日、死んだ。ちょうど競馬を始めたころのスターホース。引退レースとなった97年天皇賞・春は競馬場で見ていた。腹をくくって後方から運び、大外一気を決めた田原成貴の騎乗にシビれまくり。VTRを50回以上は見ただろうか。入社時の履歴書にも書き込んだ、思い入れのあるレース。マーベラスサンデーに肩入れしていたのだが、田原成貴の“殺気”みたいなものを感じてトップガンの単勝を買った。翌日、地上波のスポーツ番組に生出演。「馬上で微睡(まどろ)んでいるような、寝ているんじゃないかという気持ちで乗った」という言葉が今でも印象に残る。“レースは作品とも言えるんだな”と感じた3分14秒4だった。

 今日の狙いは福島11Rリワードアンヴァル。ここ2走は1秒以上の着差をつけて連勝している。藤原辰厩舎はここ3年、この舞台で<7・0・1・32>。買いやすい戦歴で単勝回収率も400%超えと高い。ここは人気だろうが、アタマで買う。

 馬券は馬単で相手は○ナンヨーイザヨイ、▲ビルジキール、☆ロジペルレスト、△リフトトゥヘヴン、ボードウォーク、シンゼンドリーム、ナムラカメタローへ流す。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース