【エリザベス女王杯】(5)ポンデザール、輸送馬体減なし

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 4連勝中の関東馬ポンデザールは木曜輸送で京都入り。8日朝はダートコースでハッキング(ごく軽いキャンター)を行って体をほぐした。「少しチャカつく面はあるが落ち着いている。到着して少しカイバ食いが落ちているが輸送での大幅な馬体減はない」と森助手。枠は内めの5番に決定。「(堀)調教師とジョッキー(藤岡康)で作戦を考えると思います」とした。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース