【デイリー杯2歳S】武豊騎乗の3番人気レッドベルジュールが重賞初制覇

[ 2019年11月9日 16:01 ]

<京都11R>1着レッドベルジュール(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 9日の京都メイン、11R・デイリー杯2歳Sは、武豊騎乗の3番人気レッドベルジュール(牡=藤原英、父ディープインパクト)が直線インから鮮やかに差し切り、重賞初制覇を飾った。

 6月のデビュー戦以来のレースで馬体は28キロ増とたくましく成長。道中は後方2番手で流れに乗り、直線で内を突くと鋭く伸びて差し切った。初コンビで勝利に導いた武豊は「直線は良く反応してくれたし、一瞬にして抜け出した。脚は凄かったですね。6月以来のレースで、この勝ち方ができたしかなりの能力がありそう」と絶賛。当初は来日予定だったデットーリとコンビを組む予定だったが、日本が誇るレジェンドが見事な騎乗で重賞Vに導いた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年11月9日のニュース