【エリザベス女王杯】(1)ブライトムーン、最内から大駆け

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 ブライトムーンは最内枠からロスなく運んで一発を狙う。大久保師は「包まれ気味の方がいい馬。1番枠はいいんじゃないか」と前向きに捉える。8日は軽めの運動のみ。格上挑戦でのG1チャレンジ。「出来の良さでどこまでやれるかですね」と指揮官は控えめに話した。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月9日のニュース