【武蔵野S】ミスターX カフジテイク本命!叩き3戦目で復活Vへ

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 ダート重賞・武蔵野S(東京11R)はカフジテイクを本命に指名する。昨年2月に左前脚の繋靱(けいじん)帯炎を発症。長期休養を余儀なくされたが、今年9月、約1年8カ月ぶりの実戦復帰を果たした。復帰後はながつきS5着→室町S4着。自慢の末脚に衰えは感じさせない。

 前2走は1200メートル戦だったが、今回はマイルに距離を延長。猛然と追い込むも差し届かず…といったレースが続いていただけに追走が楽になる距離延長はプラスだろう。さらに【3・0・3・1】と得意としている東京コースに替わるのも大きい。17年フェブラリーSでは1番人気(3着)にも推された実力馬が叩き3戦目で復活Vだ。(16)から(5)(8)(9)(11)(13)。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年11月9日のニュース