【取手】鈴木竜地元Vだ!「優勝しか狙っていない」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

地元で気合入る鈴木
Photo By スポニチ

 V候補の鈴木裕が練習中の落車負傷で急きょ欠場。予選から真船が特選に繰り上がった。四分戦で唯一、ライン3車が鈴木。同じ先行型の金子との前後はすんなり鈴木が前回りに決まった。「調子が戻ってきて体が動く。何でもできる選手が強いと思うのでそれを目指して頑張る」と鈴木。その言葉通り、前回防府記念の準決では宮本隼輔の番手で桑原大志に競り勝ち、まくった新山響平に合わせ先まくり。最後は4着に敗れたが、番手吉沢純平の決勝進出に大貢献した。地元戦の今回は「優勝しか狙っていない」と好気合だ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年11月9日のニュース