【富士S】ミスターX 久々も牝馬ノームコアを指名

[ 2019年10月19日 05:30 ]

 好メンバーがそろったマイル重賞・富士S(東京11R)は牝馬ノームコアを本命に指名する。3歳時から重賞戦線で活躍し、今春のヴィクトリアマイルでG1初制覇。マイル女王に君臨したが、レース後に左第1指骨剥離骨折が判明。休養を経て、今回が約5カ月ぶりの実戦となる。

 先週の秋華賞では半妹クロノジェネシスがV。オークス以来中146日のぶっつけでの優勝だっただけに、血統的にノームコアも久々だからといって割り引く必要はない。萩原師も「追い切りの動きは良かった。ここまで順調にきたし、春に比べても特に変わりはない」と順調ぶりを伝えている。実力通り走れば牡馬相手でも通用の器。ここもあっさり勝つ。(16)から(2)(3)(7)(10)(17)。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月19日のニュース